Akiko & Masako Takada

News

  • urano

    Somewhere I Have Never Travelled 〜 切り火を持って

    会期: 2017年3月11日 – 4月15日
    オープニングレセプション: 3月11日 (土) 18:00 – 20:00
    開廊時間: 火-木 11:00 – 18:00 / 金 11:00 – 20:00 / 土 11:00 – 18:00
    会場: URANO 東京都品川区東品川 1-33-10-3F
    03-6433-2303
    http://www.urano.tokyo
    info@urano.tokyo

    タイ北部チェンマイにあるHIV孤児生活支援施設「バーンロムサイ」の子どもたちと美術作家をつなぐプロジェクト、および、ふたつのアート・ホテルの完成を記念した展示に参加しております。

    参加作家: 淺井裕介、石内都、笠井麻衣子、川内倫子、木村友紀、進藤環、炭田紗季、高田安規子・政子、 長島有里枝、名取洋之助、野村佐紀子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子(※ 敬称略、五十音順)
    協力: AKIO NAGASAWA、株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ、artdish g、一般財団法人日本カメラ財団、NPO法人バーンロムサイジャパン、株式会社ホワイト・ベアーファミリー、gallery ART UNLIMITED、The Third Gallery Aya、シュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリー、MAHO KUBOTA GALLERY、ユカ・ツルノ・ギャラリー(※ 敬称略、五十音順)

    ホテルWBFアートステイなんば
    ※2017年5月オープン予定
    アートワーク: 淺井裕介、笠井麻衣子、川内倫子、炭田紗季、志賀理江子、高田安規子・政子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子
    設計: 株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ
    アートディレクション: 沢渡麻知

    特定非営利活動法人(NPO法人)バーンロムサイジャパン
    http://www.banromsai.jp

    1999年の開園当初のタイではエイズが猛威をふるい、治療薬が行き渡らず多くの人が感染・発症し亡くなっていました。エイズにより両親を失う子どもたちが増加し、バーンロムサイにも国立孤児院からそのような子どもたちが入園。開設から3年間で10人の子どもがエイズを発症し、命を落としました。HIV/AIDSはその後の躍進的な医療の発達により、投薬を続けていれば普通に生活を送ることが可能となり、現在子どもたちは全員元気に暮らしています。医療の発達により母子感染を防げるようになった今、HIVには感染していない、様々な事情で孤児となった子どもたちも入園してくるようになりました。

    一方、タイの法律により18歳を超えた子どもたちは園外で生活をしています。卒園生に関しては、学校へ通っている場合は教育費と生活費を、病気の影響により軽度の知的障害を持つ子や体調を崩した子どもたちに対してなど、園外に暮らしていても繋がりを持ち続け、ケアし支援を行っています。

    NPO法人バーンロムサイジャパンでは、寄付だけに頼らない運営を目指し、ホームを支える自立プロジェクトとして「プロダクツ」と「コテージリゾート」の運営をしていますが、この事業がいわば“家業”となり、子どもたちの将来の職場や職業訓練の場ともなることを願いつつ展開しています。

    現在ホームで生活している27人の子どもたちには27の個性と可能性があります。両親の死、差別や偏見、虐待などの体験をしてきましたが、ここを自分たちの「家」と感じ、「大きな家族」となって、安心して暮らしています。多くを望むわけではありませんが、人を思いやれる気持ちの良い大人に育ってほしい、そしてできることなら自分が得意とすることで、将来生計を立ててもらいたい。そんな親心から、バーンロムサイでは勉強だけでなく、子どもたちがいろいろな体験ができるよう「大きな家族の住む家」という方針のもと、様々な取り組みを行っています。

    *「バーンロムサイ」とは?タイ語で「ガジュマルの木の下の家」を意味する「バーンロムサイ」は、暑い時には日陰を、雨降りの時には雨宿りの場を与えてくれる大きくどっしりと大地に根をはるガジュマルの木のごとく、子どもたちが安心して暮らし、学び、遊べる場でありたいとの願いが込められています。

  • 057_pdf_001-001

    「Kart Invitation Program Vol. 7 高田安規子・政子展「mapping」」が、河合塾美術研究所新宿校 Gallery Kart で開催されます。お近くにお越しの際はぜひ足をお運び下さい。

    会期 2015年11月07日(月)~12月03日(土) 会期中無休
    10:00~18:00 ※最終日17:00まで
    ※日曜日・祝日・最終日は16:00まで

    会場 河合塾美術研究所新宿校 Gallery Kart
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-14-5 河合塾美術研究所1F
    TEL:0120-327-414

    企画 Gallery Kart 実行委員会
    協力 川崎市市民ミュージアム

    http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/institution/gll/057.html

    パンフレット
    http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/institution/gll/pdf/057_pdf_001.pdf

  • saitama_images

    2016年10月31日発売の「埼玉新聞:さいたまトリエンナーレ2016」で私達のインタビューが掲載されました。

  • %e3%81%95%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%be%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac2016

    2016年9月24日からさいたまトリエンナーレに参加します。荒れ果てた空き家の内装を修復や装飾し家を再生したプロジェクトです。是非お越しください。
    https://saitamatriennale.jp/

    さいたまトリエンナーレWebサイト紹介文

    《土地の記憶を辿って》
    太古は海に面していたとされる住宅地。人が住まなくなって久しいその住宅は、海だった時代の生き物たちによって息を吹き返し、長い空白の時間を鮮やかに取り戻す。

    会期:2016年9月24日(土)~12月11日(日)

    会場:展示会場は下記になります。事前に地図をご確認下さい。
    旧部長公舎(武蔵浦和駅〜中浦和駅周辺)

    https://saitamatriennale.jp/artist/274

  • screenecologies

    2016年05月13日発売のScreen Ecologies
    Art (Media, and the Environment in the Asia-Pacific Region) に私達の作品が掲載されています。

  • img01

    私達の個展「Four seasons」がGALLERY TAGA2 で開催されます。お近くにお越しの際はぜひ足をお運び下さい。

    会期 2015年10月29日(木)~11月24日(火)
    12:00~19:00 ※最終日17:00まで
    ※水曜日・日曜日・祝日休廊
    会場 GALLERY TAGA2
    〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷1-34-2
    小田急小田原線「祖師ケ谷大蔵駅」徒歩5分
    TEL:03-6411-5590

    http://gallerytaga2.com/takada-akiko-masako-2015

  • spiral

    スパイラルにて「スパイラル30周年記念 スペクトラムファイル アーカイブス09 高田安規子・政子」に参加しております。
    推薦者:難波祐子

    会期 2015 年8月15日(土)~30日(日)
    会場 スパイラルエントランス
    〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 5-6-23
    TEL:03-3498-1171
    http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1593.html

  • monkey6_final

    2015年6月15日発売の「MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話」に私達の作品が掲載されております。
    http://www.switch-store.net/smp/item/MO0006.html

  • 銀座メゾンエルメス

    銀座メゾンエルメスにて「線を聴く」に参加します。

    会期 2015 年 4 月 24 日(金)~7 月 5 日(日)
    会場 銀座メゾンエルメス フォーラム (中央区銀座 5-4-1 8 階 TEL: 03-3569-3300)
    開館時間
    月~土 11:00~20:00(入場は19:30まで)
    日   11:00~19:00(入場は18:30まで)
    休館日:エルメス銀座店の営業時間に準ずる
    入場料:無料
    主催:エルメス財団
    後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

    http://www.maisonhermes.jp/ginza/gallery/archives/8115/

  • 20150303(ニュースの左側)

    十和田市現代美術館にて「春を待ちながら」展に参加しております。
    会期:2015年2月28日(土)~4月5日(日)
    会場:十和田市現代美術館
    開館時間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
    休館日:毎週月曜日
    http://towadaartcenter.com/web/exhibition_spring.html